teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 下目黒の恐怖の精神虐待魔について語るスレ(0)
  2. 全力全開(0)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:29/7807 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

(無題)

 投稿者:にゃあすけ  投稿日:2017年 3月17日(金)21時24分45秒
  通報
  本日もたくさんの方にお越しいただきましてまことにありがとうございました
では、本日これまでにいただいた作品をご一緒に鑑賞しましょう。

≪13356≫ 充君 様 : [ 開けてゆく 花咲く窓は 後輩へ  ]
  ○ 学校は卒業式のシーズンです。
    昨日は各地の小学校で卒業式が行われたようです。
    卒業生は在校生にいろいろなものを残してゆきます。
    ここでは「花咲く窓」を残しているようです。

    この作品はこのままでも大丈夫なのですが、中の句の「窓は」の「は」がやや気になります。
    「は」は他のものはともかくとして「窓は」と強調しています。
    ここで「窓」を強調する意義がどこにあるのか木になるのです。

≪13357≫ 充君 様 : [ 後輩へ 夢を束ねて 託してる  ]
  ○ やはりここでも後輩へ残すことを詠みました。
    その残すものは「夢」のようです。
    しかも「束」にしているようです。

    この作品はこのままでも大丈夫なのですが、下の句の「託してる」がちょっと気になります。
    この場合の「託してる」は卒業生の様子を離れた場所から眺めています。
    川柳では【主役】を表現した方が生き生きとします。
    『後輩へ 夢を束ねて 託してく』 では如何でしょうか。


引き続き皆様方のお越しをお待ち致しております。
次の方、「 託してる 」 でお願いします。
 
 
》記事一覧表示

新着順:29/7807 《前のページ | 次のページ》
/7807