teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


Re: 秋季大会1回戦結果

 投稿者:応援団  投稿日:2018年 9月12日(水)20時58分29秒
返信・引用
  高校球児さんへのお返事です。

この一連の書き込みは何なのでしょう。
チームの許可を取っているとは思えないです。

チーム情報、個人情報(助っ人、不参加などまで)を不特定多数の人に無断で公開していて、今後の対戦相手にも情報を与えることになっています。

選手、指導者に対して配慮のない書き込みも目立ちます。

今後の書き込みは一切やめるなど、考えた方がいいです。(個人ブログ(閲覧を承認制)でやるとか)
いずれにしてもチームのためになっていないです。
 
 

秋季大会1回戦結果

 投稿者:高校球児  投稿日:2018年 9月 9日(日)12時56分56秒
返信・引用
  9月8日(土) 高萩市民球場 試合時間 1時間50分

日立北高  122 006 1  12(7回コールド)
東海・高専 102 000 0   3
(日)樋本、浦、小林真-辻、桜井
(東)鈴木、内藤-大内、三浦

今回、歴史的な連合チームでの参加に。
東海高7名、高専6名(1名菊池不参加)の12名での
チーム構成。先発メンバーは次の通り。

1番 6 増本(高専)
2番 8 飯塚(東海)
3番 4 中川(東海)
4番 1 鈴木(東海)
5番 5 内藤(高専)
6番 2 大内(東海)
7番 3 石川(東海)
8番 9 三浦(高専)
9番 7 栗原(高専)

初回日立北は1番がサードゴロに倒れるも、内藤の
1塁悪笑球でいきなり無死2塁に。
このあと東海・鈴木のボークで3進を許し、シート
ゴロで1死を取るも、3番打者のときにパスボール
があり1点を先制される。

初回東海・高専は1番の増本が、日立北先発背番号
11の樋本の初球を左中間に3塁打。
2番飯塚のセンター前タイムリーで1-1の同点に。

2回日立北は先頭6番がライト前ヒット、続く7番が
レフト右に2塁打を放ち、1-2に。
1死後、1塁ゴロのエラーの1死1・3塁で、
相手1番にライト前タイムリーを浴びて1-3に。
続く2番にライトフライを与えるも、3走のホーム進塁は
高専ライト三浦からは好返球で本塁憤死で4点目は阻止。

2回東海・高専は3者凡退。

3回日立北は3番が三振に倒れるも、4番からの3連打に
盗塁、センターエラーも絡み、2点を献上し、1-5に。

3回東海・高専の攻撃の前に、日立北は投手をエースの
浦にスイッチ。 日立北、独特の投手交代。
東海・高専は8番三浦、9番栗原、1番増本の連打と
2番飯塚、4番鈴木のタイムリ-で2点を返し、
3-5に追い上げる。
なおも2死満塁は5番内藤が投手フライに倒れ、
追加点ならず。

4・5回の日立北の攻撃は東海・高専エースの
鈴木が3者凡退に抑える。

4回東海・高専は2死後、8番三浦、9番栗原の
連打と、1番増本の四球で再び2死満塁とチャンス
も2番巧打飯塚は3-2から変化球を打たされ、
セカンドゴロで得点を挙げられず。

5回東海・高専の攻撃を前に日立北は3番手背番号
11の小林真に交代。
ここで3番中川のヒット、4番鈴木の送りバントで、
1死2塁のチャンスに。
しかし、5番内藤、6番大内が凡打に倒れ、
追い上げならず。
3~5回のチャンスにあと1本の出なかったことが
最終的に試合を左右する。

グランド整備後の6回日立北は、先頭の四球後
(先頭の四球は嫌な予感がしました)、バントヒット、
暴投、セカンドエラー、右中間2塁打、サードゴロ
エラー、四球、センター前タイムリー、死球、
犠打野選などで6点を与えるビックイニングに。
東海・高専のエース鈴木が90球を越えたところで
選球が定まらないなか、相手攻撃を止めることが
できずに、大量失点。交代する投手もいないため、
やむ負えない失点か。。。

6回東海・高専は3者凡退。

7回日立北の攻撃で、東海・高専は投手を内藤、
捕手を三浦の高専バッテリーに交代。
日立北は1死後、内野フライに打ち取ったが
捕手のインターフェアで走者を出し、2番の送り
バントで2死2塁のピンチ。
ここで3番に左中間3塁打を浴びて、12点目を
献上し、3-12と9点差に。

7回東海・高専は、先頭の1番増本が四球を選ぶも、
2番打者の代打渡邊(高専)は当てただけの内野
フライ、続く3・4番が三振・凡打に倒れ、
3-12の7回コールドで万事休す。

5回までは好試合でしたが、3~5回のチャンスに
追加点が奪えず、逆に雨があがり気温が上昇し、
投球数的にも疲れが出る6回に連続的な日立北の
攻撃とエラーでビックイニングを与えてしまい、
無念の敗戦でした。

しかし、初の連合チームとして、東海高校メンバーと
まとまりを見せ、大敗でしたが、良い試合であったと
思います。
次は同じスタイルで試合・大会参加になるのか
わかりませんが、このメンバーで鍛えていけば、
連合チームでの勝利も近いと思います。

今回連合チームの監督は東海高校の先生でしたが、
常に声が出ていて、指示があり、これは高専には
ないこと。
やはり、指導者の大切さを感じた試合でもありました。

敗戦では課題がたくさん見えますが、それは鍛えて
改善すれば良いこと。
来年の春・夏に向けて、大きな成長を期待したいと
思います。
今回、東海高校のおかげで大会参加ができました。
東海高校に感謝です。

以上




 

秋季大会県北予選

 投稿者:高校球児  投稿日:2018年 9月 5日(水)22時13分18秒
返信・引用
  初戦 対日立北高 9月8日(土) 10時試合開始 高萩市民球場

今回は部員6名のため、東海高校との連合チームでの参加になります。
応援をお願いします!
 

県北ジュニア大会2

 投稿者:高校球児  投稿日:2018年 8月17日(金)22時13分14秒
返信・引用
  Dブロック 敗者戦 2018年8月17日(金) 試合時間 2時間40分
小瀬高  010 061 47  19(8回コールド)
茨城高専 310 110 00   6
(小)近澤、三木拓-北高野 (茨)内藤、増子-三浦

今日は昨日の敗者校同士の試合でした。
天気は快晴でしたが、ホームからセンターへはかなりの
強風のなかでの試合。
高専の先発はエース渡邉が腰の痛みで投げれないとの
ことで、キャプテン内藤でした。

初回小瀬は、1番がライト前ヒットで出塁し、
2盗は成功させるも3盗は高専捕手三浦がみごとに
刺して初回0点。
一方高専は、1番増子が四球、2番栗原が3バントを
決めて、1死2塁。3番内藤はショート左への内野
安打でつなぎ、4番菊池の2塁ベース付近のゴロを
相手ショートがはじいて、増子が生還。1点を先制。
続く5番渡邊は三振に倒れるも、6番三浦のレフト前
ヒットを相手レフトが後逸し、一挙に内藤、菊池が
ホームに帰り3点を先制する。

2回小瀬は、先頭がセカンド栗原のエラーで出塁後、
犠打、盗塁で1死3塁に。続く打者の投手ゴロで
ランナーが飛び出し、挟殺プレーでアウトにするも
打者走者は3塁へ。2死3塁。続く7番のセンター前
ヒットで1点を献上。

2回高専は、1死後9番松本が冷静に四球を選び、
増子のライト前ヒット、2番栗原の犠打で2死2・3塁
のチャンスに3番内藤のショート右への内野安打で
松本が生還し、4点目をあげる。

3回、4回は小瀬は、四球やエラーでランナーを出すも
高専内藤が力投してゼロに抑える。
一方高専は3回の2死1・2塁は逃すも、4回に
内野安打で出塁した増子を犠打、内藤のヒットで
1死1・3塁とし、ここで1走内藤が盗塁を試み、
アウトにはなるがその間に3走増子がホームに帰り、
5点目をあげ、4回時点では5-1とリード。

5回小瀬は、投球数が60球近くになり、球速が
落ちた高専内藤から、先頭がレフト線への2塁打。
1死後、四球を挟みながら内藤に5長短打と盗塁を
からませて6点を挙げて、5対7と逆転を許す。
投手がいれば途中交代であったが、控えがおらず、
内藤に託す高専。

その5回の裏高専は、5番渡邊が四球、6番三浦は
スリ-バント失敗も、7番助っ人の鈴木が冷静に
四球を選び、1死1・2塁に。ここで8番助っ人の
小河原がライト前にタイムリーを放ち、渡邊が生還
して6点目。頼もしい助っ人達!
なおも続く1死1・2塁は、助っ人松本・1番増子が
凡打に倒れ、同点にはならず。

6回小瀬は、先頭がセカンド栗原のエラーで出塁後、
2つの盗塁を決め、1番のライトへの犠飛で1点追加。
6対8と再び2点差。
続く2死2塁のピンチは高専センター渡邉が右中間の
飛球を好捕し、追加点を与えず。

6回高専の攻撃で、小瀬は投手を背番号3の近澤から
背番号1の左腕エース三木拓にスイッチ。
1死後、内藤が四球を得るも、4番菊池はファースト
ゴロ併殺打に倒れる。

7回小瀬は、投球数が110球を越え疲労度の高い
高専内藤に対し、サード鈴木のエラー、レフトオーバー
の3塁打、栗原のエラー、四球、犠飛、再び鈴木の
エラーに内藤のボークと盗塁、暴投、三浦のインター
フェアを絡め、何とヒット1本で4点を挙げ、
6対12と大量リードに。

7回高専は、1死後三浦がヒットで出るも、鈴木の
ファーストゴロ併殺打で、追い上げることができず。

8回の小瀬の攻撃で、高専は投手を140球近い
投球の内藤から増子にスイッチ。
すると小瀬は先頭の3塁打に始まり、レフト線への
2塁打、盗塁、サード鈴木のエラー、死球、四球、
のあとで、相手3番にライトオーバーのランニング
ホームランを許し、6点を献上。
さらに牽制アウトはあったが、四球、盗塁、三浦・
鈴木の攻撃的なエラーでさらに1点を与え、この回
計7点を与え、6対19と大差に。

8回高専は、8番助っ人の小河原がこの日3本目の
ヒットで出塁するも、松本、増子、そして栗原が
凡打に倒れ、万事休す。
最終的に6対19の8回コールド負けでした。


内藤の力投と、助っ人メンバーの活躍で6回まで
は好試合でしたが、後半には内藤も力尽き、
急造投手の増子も頑張りましたが、7・8回の
7エラーではどうしようもできず、完敗でした。
正規な部員6名のなかで、増子・内藤・三浦は
結果を残せましたが、他3名は残念ながら戦力に
ならず、また明日から基本練習からスタートが
必要と感じました。

でも、この2試合のなかで練習ではできない、
色々な経験ができ、有意義な2試合であったと
感じました。
また助っ人3名には暑いなか厳しい2試合で
したが、想像以上の活躍があり、心から拍手を
送りたいと思います。

新チームはこの2試合が原点です。
各人ができたこと、できなかったことを真摯に
受け止めて、まずは練習です。
でも、ただ漠然と練習していては成長はない
ので、日々目的を持ち、何の為の練習なのかを
考えて、考える野球をしてほしいと思います。

継続は力なりです。
決して下を向くことなく、来年夏に笑顔で
よかったと感じることができる1年にして
ほしいと思います。
練習あるのみ。 頑張れ、高専球児!

P.S
内藤くん、ゆっくり休んでくださいね。
君の素直さと一所懸命さは、素晴らしい
後輩だと感じました。
応援しています。

以上




 

県北ジュニア大会

 投稿者:高校球児  投稿日:2018年 8月16日(木)14時28分57秒
返信・引用
  Dブロック 1回戦 2018年8月16日(木) 試合時間 1時間22分

茨城高専 001 00    1(5回コールド)
那珂湊高 143 03X  11
(茨)渡邉、内藤-三浦 (那)橋本-高林

新チームでの初試合。
部員6人+助っ人4人の合計10人で臨みました。
(サード 鈴木、レフト 松本、ライト オガワラ?は助っ人)

初回高専は2死後、3番内藤が死球で出塁するも、相手投手の
牽制球でアウト。
那珂湊は初回、先頭がレフト左への飛球。レフトフライかと
思ったが、レフトが捕球できずに3塁打に。
続く2番にセンター前ヒットを許し、先制点を与える。
その後1死2塁のピンチはあったが、センター内藤が
右中間への飛球を超ファインプレーで捕球、追加点は阻止。

2回高専は3者凡退。
2回那珂湊は、1死後高専セカンド栗原のセカンドゴロの
1塁悪送球で、1死2塁。続く打者が犠打で2死3塁に。
ここで1番がセンター前ヒットで2点目。
さらに2番打者のセカンドゴロを再び栗原が1塁に悪送球で
2死1・2塁。
3番のレフトへのライナーはレフト松本が捕球できずに、
打球がフェンスまで転がる間に相手打者走者がホームへ
帰り、ランニング3ランホームランでこの回4点を与える。

3回高専は、7番助っ人の鈴木がチーム初ヒットをセンター
前に。8番オガワラの内野ゴロで1死2塁のチャンス。
9番松本は空振り三振に倒れるも、1番増子がレフトオーバーの
3塁打を放ち、鈴木を迎え入れ1点を返す。
続く2番栗原はサードファールフライに倒れ、1点のみ。

3回那珂湊は、先頭が四球、送りバントによる1死2塁で、
続く送りバントは高専エース渡邉がエラーし、1死1.3塁に。
続く打者にレフト前ヒットを与え6点目を与える。
さらに次打者のときにワイルドピッチで7年目。
次打者は1・2塁間にゴロを放つと、セカンド栗原が捕球できずに
ライト前ヒットとなり、この回3点目で計8点に。
次打者のセンター前に抜けるゴロはショート増子がきれいに
さばき、ベースタッチのゲッツーに。

4回高専は、先頭の3番内藤がライト前ヒットで出るも、
4番菊池は併殺打であっさり2死に。
5番渡邊が三遊間ヒットで再び出塁するも、6番三浦が
内野ゴロに倒れて、追加点ならず。

4回の那珂湊の攻撃で、高専は投手に2番手の内藤を
送り、内藤は走者を出しながらも0点に抑える。

5回高専は、1死後、8番助っ人のオガワラがセンター前
ヒットで出塁。しかし、9番助っ人の松本は空振り三振。
1番増子の左中間への飛球は那珂湊レフトのファイン
プレーでこれまた追加点を阻止される。

5回那珂湊は、1死後、四球、バントヒットで1・2塁に。
続く3番がセンター前ヒットで9点目をあげる。
続く4番は内藤の制球が定まらず四球を与え、1死満塁。
ここで5番が右中間に飛球を放つも、ライト・オガワラが
捕球できず、2走者が帰り、この回3点目となる計11点を
あげて、5回コールドサヨナラで1-11で敗退。


1、2回の計5点は、普通のレフトとセカンドならば、
ない点数でした。
高専エース渡邉も打ち取った打球が、味方エラーと捕球
できないでは気の毒でしたが、そこへ打たせたのは
投手です。
バックが悪いのではなく、投手が悪いと考え、
俺がエースだという気迫が欲しかったです。
点を与えて、下を向いてはいけないと思います。
エースなのだから・・・

1番ショート増子 良い動きで打撃も良く、投手にも
         声をかけて、良い1番でした。
2番セカンド栗原 攻守ともに精彩を欠き、しっかりと
         キャッチボールして、たくさん
         ノックを受けてほしいです。
3番センター内藤 打撃は良く、センターでのファイン
         プレーも良かったです。投手としては
         もっとしっかり腕を振れば、良い投球が
         できると思います。
4番ファースト菊池 今日は攻守ともに良い所はありません
          でしたが、いつも声を出していて、
          良いと思います。 あとは細かな
          プレーができる状況判断力が必要かと。
5番ピッチャー渡邊 内外野の劣守でかわいそうでしたが、
          投球は悪くなかったです。
          次回はエースらしい力強さが欲しいです。
6番キャッチャー三浦 初回のファールフライのナイスプレー
           など元気が見られました。先輩に遠慮
           なく、どんどん声をかえて投手を引っ
           張るリードに期待します。
7番サード鈴木 助っ人として十分な活躍ができていました。
        ヒットもあり、内野ゴロもさばいて、是非
        正式な部員として入部することを期待します。
8番ライト・オガワラ ヒットも放ち、普通の飛球はさばいて
           ました。最後の飛球も取れたらよかった
           ですね。素人でもここまでできれば
           OKです。入部してみては?
9番レフト松本 フライは取れませんでしたが、打撃では2度
        ともにしっかりスイングができてました。
        戦力になれますので、入部してみませんか?

ベンチにはもう1名(背番号10)いました。
野球は詳しいとのことで、チームには大きな戦力になります。
野球がわかれば、3塁コーチという役もあります。
是非、入部してくださいね!

正規部員は6名で今日はボロ負けでしたが、助っ人の3人が
あれだけ頑張っていたのだから、もっと元気に堂々と
プレーしてほしいです。
そして、4人の助っ人のおかげで試合ができていることは
感謝していると思いますが、仲間の心に感謝し、その感謝の
気持ちをプレーに出してほしいです。

上手でなくても必死にやれば、野球の神様が守ってくれます。
たくさん練習して、この1-11がチームのスタートですが、
来年夏にこのスコアーが逆になるような、成長を期待します。
頑張れ、後輩諸君!

以上








 

県北ジュニア大会

 投稿者:高校球児  投稿日:2018年 7月28日(土)22時26分44秒
返信・引用
  新チームでの準公式戦です。
皆さん、応援にいきましょう!!

Dブロック 球場はすべて常陸大宮市民球場

1回戦  対那珂湊高  8月16日(木)9:00開始

(1回戦勝利のとき)
2回戦  対明秀日立高 8月17日(金)9:00開始

(1回戦敗退のとき)
敗者戦1 日立北高対小瀬高の敗者 8月17日(金)11:30開始

(2回戦勝利のとき)
ブロック決勝 日立北高対小瀬高の勝者 8月19日(日)9:00開始

(敗者戦1勝利のとき)
敗者戦2 2回戦の明秀日立高対那珂湊高の敗者 8月19日(日)11:30開始

                                  以上
 

NG

 投稿者: NG  投稿日:2018年 7月11日(水)23時26分23秒
返信・引用
  NG  

B

 投稿者: B  投稿日:2018年 7月11日(水)23時20分44秒
返信・引用
  B  

 投稿者:  投稿日:2018年 7月11日(水)23時19分0秒
返信・引用
   

A

 投稿者:A  投稿日:2018年 7月10日(火)16時39分11秒
返信・引用
  A  

レンタル掲示板
/19